葬儀に関する情報が満載!

知っておきたい葬儀での焼香:「座礼」とは?

知っておきたい葬儀での焼香:「座礼」とは? 仏教では、お通夜や葬儀・法要の際に必ず「お焼香」をします。お焼香にはマナーがありますが、いざお焼香を行う場面に出くわすと「どうするんだっけ?」と慌ててしまう人も少なくありません。人前で恥をかかないように、最低限の作法をマスターしておきましょう。
お焼香には「座礼」「立礼」「回し焼香」の3つの形式があります。ここでは座礼の方法を説明します。
座礼は葬儀などの会場が畳の場合に行う方法です。自分の順番が回ってきたら、周囲に会釈をして祭壇へ進みます。座布団の手前で遺族と僧侶に会釈をします。遺影に向かって合掌し、膝をつきながら前にすすみ座布団に座ります。数珠を左手に持ち、右手の親指・人差し指・中指で香をつまみます。頭を軽く下げ目を閉じ、つまんだ手を額に掲げます。つまんだ香を静かに落とします。この動作を1回から3回繰り返します。宗派によって回数は違いますが、わからない場合は1回でも構いません。合掌して故人の冥福を祈ります。祭壇に向かったまま座布団から降り、遺族と僧侶に会釈をし、自分の席に戻ります。

知っておきたい葬儀での焼香:「立礼」とは?

知っておきたい葬儀での焼香:「立礼」とは? 葬儀や告別式で一般的に行われているスタイルが立礼焼香です。葬儀会場を借りて儀式を執り行う場合にはほとんどこのスタイルになり、広いスペースなどでは弔問客が1列に並ぶなど案内に沿って進められます。宗派による違いは若干あるものの作法としては基本的にはかわらず、線香で行う場合と抹香で行う場合とがあります。
立礼の流れは、まず、自分の番が来たら焼香代の手前で遺族に一礼し、読経している僧侶にも一礼します。次に前に進み、遺影に一礼し合掌をし、右手に持っていた数珠を左手に持ち替えてから右手の親指・人差指・中指で抹香をつまみ、頭を少し下げて額の高さまで抹香を掲げ香炉に入れます。焼香後は数珠を両手に掛け合掌し、2歩程度後ずさりをして遺影・位牌に一礼、その後遺族と僧侶に一礼をしてから自分の席に戻ります。
立礼焼香は一般的なスタイルであるために迷うことなく行うことができます。ただし、必ず案内に沿って進行されるために、仮に近しい友人、親族であっても従う必要があります。

新着情報

◎2018/10/31

従来の葬儀とのマナーの違い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

煙が出ている「香炉」
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

葬儀での焼香:「座礼」
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「焼香」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Sohxxxx 奥様や義実家の手前...それもキツいですね💦 わたしは義実家の身内の葬儀に出た頃はまだ半覚醒でお焼香する勇気がなく、夫が庇ってスルーしてしまいました... 一般の参列者でも細かいとこはわからないせいか、義実家のお坊さんは最初に全員にやり方を説明されて親切でしたよ。

返信先:@Sohxxxx sohさん親御さんの分まで...という気概がご立派です👏🏻 お焼香は宗派によって細かく違うのであまり予習しなくても周りを見てたらいいとわかりました。今のとこ一般の結婚式はゼロ、葬式が圧倒的に多いです。 うちの場合、現役JWは母しかいないのでこの人の葬式を誰がやるのか🤔

アーティスト感溢れるお焼香やし後ろの奴めちゃくちゃ分かるわ、うまく説明できやんけどめちゃくちゃ分かるわ。それしか言えんtwitter.com/henken_zukan/s…

Twitter🐰Ne.666km🦄✡️@666km______

返信 リツイート 1:27

返信先:@ysyachiku焼香すっかり忘れてた(*_*)それでお願いします😇

自分の葬式は坊さんが開始5分で「成仏!焼香!解散!!」でスピード感持って終わらせてもらいたいもんだ

TwitterAdam@散弾系おじ@adam_m870

返信 リツイート 1:15

尊くて死んだのでお焼香を頼んで眠りに就く

Twitter猫月ユキ❄お仕事募集中@yukinkzk

返信 リツイート 1:12

家庭を壊した間男がお亡くなりなったらスキップしながら笑顔で御焼香に行きたいと考えます 僕は心が腐った人間です

返信先:@dammmmmy_bba焼香もりょうチェキで大丈夫ですかね?🤔

Twitterしゃちくの山本@ysyachiku

返信 リツイート 1:06

焼香の回数が宗派によって違うことをキョウ知った

返信先:@kaori_kasou他1人 葬儀社に勤務してます。 家族葬と言っても、多岐に渡り、 ・神式(のような祭壇・供物)で ・キリスト教のようなスタイルで ・故人の読経した録音に合わせて焼香 ・家族全員で合唱(+楽器演奏)…など 具体的な要望ほど、ご家族と当方とのイメージのすり合わせが本当に難しく感じています。