葬儀に関する情報が満載!

知っておきたい葬儀での焼香:適切な量は?

知っておきたい葬儀での焼香:適切な量は? 葬儀でのお焼香については、子供の頃に3回するものだと教えられた人が多いはずですが、最近では1回で済ませても良いのですと葬儀屋さんが前もって説明することも多く、何が本当なのだろうかと迷っいながら、指示に従っているという光景を目の当たりにします。
焼香の際の香の量は、親指と人差し指で軽くつまむくらいということは、ほとんど変わりないので、こちらは良いとして、3回は1回かはどうなのかと言うと、確かにどちらでも良いとされるようになってきました。
本来3回の場合は、仏を敬い、法を敬い、僧を敬う、つまり仏教のもっとも大事にする仏法僧を敬うということから来ています。
だから3回と言うことなのですが、最近では1回の焼香に仏法僧を敬う気持ちを込めれば良いとされているわけです。
とくに、葬儀参列者が多い場合は、一人ひとりが3回焼香をしていると、葬儀時間が大幅に長くなってしまうという事情からも来ていますが、要は心を込めてというところが一番大事なことになるわけです。

知っておきたい葬儀での焼香:回数はどのくらい?

知っておきたい葬儀での焼香:回数はどのくらい? 仏教式の葬儀に参列すると必ず焼香をする機会があります。
今日では多くの宗派で抹香を香炉にくべる形で焼香を行いますが、その時に迷うのが同じ動作を繰り返す回数です。
焼香は、葬儀の際に読経を行う僧侶が属する宗派によってやり方が異なります。
例えば、天台宗の場合は抹香を押しいただいてから香炉に落とすのを3回繰り返しますが、浄土真宗大谷派だと押しいただかずに単に抹香を持って香炉にくべる動作を2回行います。
また、1度目と2度目以降の動きが異なる宗派もあり、曹洞宗では1回目は押しいただいてから抹香を落とし、2回目は持ったあとそのまま香炉にくべます。
焼香をする際の動きと回数は覚えておくに越したことはありませんが、実際に葬儀に参列する際には回数や動作を覚えていなくても、自分の隣や前の人の動きをまねしたり、通夜や告別式が始まる前にある葬儀会社のスタッフからの説明にしたがって焼香をすれば良いので特に問題はありません。

新着情報

◎2018/10/31

従来の葬儀とのマナーの違い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

煙が出ている「香炉」
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

葬儀での焼香:「座礼」
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬式 やり方」
に関連するツイート
Twitter

【新刊】『さよなら、仏教』高橋卓志(亜紀書房)古い仏教の常識を脱ぎ捨てて、新しい仏教の地平を求める再誕の旅へ。お寺の情報公開=透明化、生老病死を支えるケアの実践、終末期の看取りから「その人だけ」のお葬式のコーディネイトまで。誰も知らないやり方がここにある。 pic.twitter.com/Q1CgYCKZ2Q

Twitterくまざわ書店 武蔵小金井北口店@kbc_koganei

返信 リツイート2 10:39

まあ、いずれにせよ、どこかのタイミングで昭和的価値観の葬式をやらないといけないし、その価値観に染まった人間を社会から一斉退場、本当にさせないといけない。手段なんて選ばず、強行的に。ナチスのやり方を参考にでもしながら

旦那さんは特に保険とかの手続き関係を面倒くさがる&やり方わからんし調べるのもめんどくさい人間なわけで、もし私が何かあっても保険の手続きなんて壊滅的に期待出来ないから私は私の葬式用にためてる保険の受取を父のままにしておきたいのだが

仏教徒のくせにチャペルがいいとか言うやつのほうが理解できん。都合のいいときだけじゃなくてチャペルで式するんならちゃんとミサ行けや。キリスト教徒じゃないけあっとるかわからんけど。葬式もそっちのやり方でやれや。寺に行くな。

思い出したことなんだけれど私の家のお葬式は神道のやり方だから、亡くなった人は神様になるというかその家の守護神になるそうで、

貴方達、本当に私と同じ宗派の方なの?貴方達のやり方はたまらなくみっともないわ。 私、お葬式なんて大嫌い!何て騒ぎかしら? 人間は死ぬのね、一人残らず死んでしまうのね!死ねば良い事でもあるって言うの?帰りましょ、ローラ!

修行の成果を発揮するに限る。実行前にツイ葬式やり方とか…。

生きるにも死んでいくにも沢山の方に世話になるなと実感するここ何日です。母が亡くなりバタバタでしたが先日無事見送りました。葬式教えてねとの連絡もあったのですが母の意向で母が長年信仰していた宗教のやり方での葬式だったので親族と宗教の方達のみで執り行いました。ありがとうございました

いまさら聞けない「こっそり教えて欲しい常識」ランキング 1位:お葬式のお焼香のやり方 2位:フランス料理・懐石料理などの食べ方 3位:尊敬語・謙譲語の使い分け

じいちゃんの葬式の時お焼香のやり方わかんなくてあれを手に取って匂い嗅ぐんだ〜と思ってた